作業員

賃貸物件の契約を解除するなら原状回復工事をしよう!

工事

不動産賃貸の原状回復とは

不動産賃貸における原状回復(原状復帰)とは、居住用物件の場合、退去者が入居する前の状態に戻すことをいい、室内清掃や破損箇所の修繕、壁紙交換などの作業を行います。居住用物件の原状回復(原状復帰)は、退去者が退去後の行われることが一般的です。

作業者

賃貸物件の劣化と負担義務

アパートやマンションなどの賃貸を退去する時は、現状復帰工事費用の負担が生じる場合があります。しかし、経年劣化による傷みや不具合の現状復帰費用は、借主に負担義務はありません。経年劣化による現状復帰費用は、減価償却費として家賃の中に含まれているからです。

賃貸契約が終了したら

空き部屋

賃貸契約の終わり方

賃貸物件を借りる際には賃貸契約の期間が設定されます。基本的には、その期間が満了したら賃貸契約は終わりとなります。したがって、速やかに賃貸物件を明け渡す義務が生じます。その際、物件を現状復帰させなければなりません。賃借人の費用で現状復帰するため、業者を選定する必要が出てきます。現状復帰をするには工事をしたり、剥がれた壁を修繕したりします。自分で直せる技術があったとしても、業者に任せてしまうのがベストです。なぜならば、しっかりとした技術に基づいて工事をしてくれるため、失敗をしないからです。賃貸人にも満足してもらえます。仮に自分が現状復帰をさせ、間違えてしまった場合には補償を求められてしまいます。そのようなリスクを避けるためにも、現状復帰をするなら、必ず専門業者に任せましょう。現状復帰をしてくれる業者はどのようにして見つければいいのでしょうか。気軽にできる探し方としては、これまでに現状復帰をした経験のある友人に聞いてみる方法です。そのときに依頼した業者の評判を聞いてみてください。きちんとした対応をしてくれるのであれば、その業者に頼んでしまいましょう。依頼の際には、友人の紹介である旨を告げることを推奨します。そうすれば、以前の顧客からの紹介になるので、業者としても力をいれて現状復帰をしてくれるからです。気兼ねなく業者に見積もりをもらってください。現状復帰の業者選びは、費用の確認から始まります。

空室

面倒な作業は業者にお任せ

お引越し時に大家さんから現状回復を求められた場合、個人でクリーニングをすると費用も時間も膨大なものとなります。ですが業者さんに依頼すれば割安に直ぐ現状回復をすることができるでしょう。落ちにくい汚れも専門家の手にかかればしっかりと綺麗な状態へと元通りになるのです。