作業者

賃貸物件の契約を解除するなら原状回復工事をしよう!

不動産賃貸の原状回復とは

工事

元の状態に戻すこと

不動産賃貸における原状復帰とは、入居前の状態に戻すことをいいます。居住用物件の場合、入居者が不動産賃貸借契約を管理会社または不動産オーナーと締結する際に、退去するときは、原状復帰の費用として、費用を徴収しますといった文言が記載されていることがあります。すなわち、入居前に状態に戻すために、原状復帰工事を行います。また、不動産賃貸物件では、原状復帰は、退去後の掃除や次の入居者を気持ちよく入居できるための入居斡旋の一環として行うことが一般的です。原状復帰は、室内の掃除をはじめ破損箇所の修繕や壁紙の交換などを行います。入居者が生活していた時間とともに、自然磨耗や経年劣化が起きますので、退去した人が入居時の状態に戻すための掃除や修繕作業を行うことが、原状復帰の目的でもあります。居住用物件の場合は、掃除や修繕で綺麗にすることが一般的ですが、テナント物件になると原状復帰の意味合いが異なります。例えば、飲食店のテナント物件の場合、スケルトン渡しとことがあります。スケルトンというのは、何もない状態のことをいいます。また、飲食店だと、厨房機器や食器などの消耗品が多々ありますが、すべて無しの状態にすることがスケルトン渡しといいます。また、居ぬき渡しということもあり、居ぬきとは、飲食店を営業していた状態のままで引き渡しすることです。テナント物件の場合、スケルトン渡しや居抜き渡しでの、原状復帰を行うことがあります。